不妊治療

HOME» 不妊治療 »はじめの一歩(検査)

不妊治療

はじめの一歩(検査)

【ホルモン検査】

採血をして血液中のホルモンを測定し、「視床下部」―「下垂体」―「卵巣系」が正常に働いているかを検査します。

 

【経腟超音波検査】

子宮や卵巣の様子を超音波(エコー)で確認する検査です。卵胞、子宮内膜の変化を観察します。

 

【子宮卵管造影検査】

子宮口から両側卵管に造影剤を注入し、子宮の形と左右の卵管の通過性をみる検査です。

卵管が通っていれば痛みはほとんどありません。

 

【精液検査】

精液量、pH、総精子数、運動率、血球数などを検査します。運動率を保つため、採取してから1、2時間以内を目安に検査します。精液は室温(25℃程度)でお持ちください。※冬は採精後、タオル等で覆うか上着のポケットに入れて持参する。

禁欲期間は1日~7日が望ましいため、長くても7日以内としてください。(受精率、妊娠率に影響するとの報告もあります)

2018/3/28

不妊治療

HOME

最新情報

お知らせ

診療のご案内

時間優先予約システム

各種教室のご案内

入院のご案内

病院のご案内

彩り~irodori~dining

イラストQ&A

Q&Aはこちら

採用のご案内

命平Dr.フォトギャラリー

Photo倶楽部

フォトコンテスト

診療日カレンダー

管理画面